初心者にも分かりやすい楽譜の読み方

音楽を思い切り楽しむには楽譜が重要

音楽はみんなが挑戦できるもの

楽譜を簡単に読むためには、自分なりの楽譜の読み方を見つけていくことです。 何かを目印にしてみたり、音楽は本当に自由だと思います。 先に覚えておきたい重要なコード進行も、どうして覚えるべきなのか、知っておいたらどんどん色々な楽器に挑戦したくなるかもしれません。

自分なりの楽譜の読み方を考える

楽譜の読み方を覚えるうえで基本的な事を学ぶためには、五線譜の楽譜を最初に覚えることが、良いと言われています。

小学校で必ずやる、ピアニカ、リコーダー、場合によっては木琴や鉄筋、打楽器に関しても、音の長さや間の取り方、強弱もすべて五線譜の楽譜で表す事が多いのです。
初心者は初めに五線譜の読み方を理解することから始めた方が良いでしょう。

五線譜の楽譜で弾く楽器の中で人気なのはピアノですよね。
ピアノは、鍵盤の数が88あり、色んな音でメロディーを奏でる楽器です。
そして、誰でも一度は聴いた事がある有名な楽器の一つです。
ピアノの特徴は、大型の楽器で、音域が広く、音量幅も広く、初心者の方にもオススメな楽器です。

子供からシニアの方まで幅広い年齢層に人気があります。
子供の時から親しんでいると音を聞いただけで、その音名と音高感を認識する事ができ、即座に表現できるようになるそうです。
ピアノは、脳にも良く、左右の能のバランスがよくなるのでシニア世代に人気だそうです。

その他にも、小脳が大きくなり、感情的機能、運動機能、知的機能、記憶力upし、アルツハイマーの予防にもなるそうです。
そこで、「音楽が好きで自分もピアノを弾いてみたい!」、「でも、楽譜の読み方や音符もわからない」、「自分にはできない」と諦めてる方はいらっしゃいませんか?!
いいえ、できますよ!まだ諦めないでください!

基礎知識を知るだけで、独学でも弾けるようになります!
基礎知識の中で一番重要な事は、読譜力です。
読譜力とは、楽譜の音符を正確に早く読みとり、弾く事に集中できるようになる事です。
まず1番始めにする事は、楽譜を読みとれるようになる事です。
ですので、楽譜に記されている音符や記号をピアノの楽譜を参考に学んでいきましょう。

楽譜の中身を知っていく

楽譜には様々な記号や数字、英語などが書かれています。 とても分かりづらいものばかりなのですが、曲を完成させるためには大事なものなのです。 楽譜は弾く曲のすべてが記号や文字で表現されているのです。 これだけは覚えておくべきと思うものを紹介しておきましょう。

選ぶ基準と楽譜の重要性

初心者の皆さん、ピアノの楽譜を初めて購入する時に、どのような楽譜を選んだら良いのかわからなくなって、迷ったりすることはありませんか? 「どの楽譜が自分にあうのか」、「まずは何から始めたら良いのか」を。 わからない方もいると思うので、初心者の皆さんに紹介させていただきます。

TOPへ戻る