音楽を思い切り楽しむには楽譜が重要

音楽はみんなが挑戦できるもの

自分なりに楽譜の読み方をつかむ

楽譜は演奏する楽器の弾き方、雰囲気、リズムなど全ての事が書いてあると言っても良いでしょう。
五線譜の楽譜はいきなり見ても初心者にはすぐとの音がどれか分からないというのが当然です。
そんな時は目印を作るのが良いでしょう。

楽譜の先頭にあると音記号またはヘ音記号の書く場所が決まっているのはご存知でしょうか。
記号は必ず最初にペンを置くところはファです。
そしてヘ音記号も同じように最初にペンを置く場所はファです。

このように、楽譜に自分なりの目印を見つけておくと、分かりやすいかもしれません。
それを繰り返していくと、自然と目印を見なくてもどの音がどこなのかすぐわかるようになってきます。
自分なりに楽譜の読み方を決めてみてはいかがでしょうか。

コード進行は早めに覚える

どの楽器を弾くのでも、覚えておきたいのはコード進行です。
どの楽器もコード進行を覚えていれば、割とパターンをつかめるので、必要かもしれません。
最近無料動画サイトで楽器を弾く動画を投稿している人が多いです。
自分がどの楽器を弾きたいのかを決める際には、参考にするべきです。
楽器を演奏する雰囲気や楽器の持ち味を知るためには、実際に演奏している人の姿を見るべきです。
しかし、楽器を決めた後はその楽器の楽譜になれるべきです。
楽器を弾いているうちに色々な曲を弾いていくうえで、耳や目で曲をつかむのは、難しい曲になればなるほど、難しくなってきます。
楽譜に慣れるために役立つのがコード進行です。
コード進行を頭に入れていれば、曲の展開がつかみやすいのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る